8の殺人 我孫子武丸

     読んだ本の感想です。

    ※ネタバレ注意

     我孫子武丸(あびこ たけまる)といえば、ゲーム、かまいたちの夜のシナリオを手がけたことが一般的には有名でしょうか?いやこれもマニアックな話かw

     感想。
     うーん、ミステリマニアにはオススメ、なんでしょうかね?作中、登場人物が有名なミステリ作品をいくつか挙げつつ、密室談義をします。私は好きな作家が何人かミステリの人なので、その人の作品は読むという程度なので、こういうマニアックな部分というのは正直、興味はあんまりないですw
     作風というか、描写はけっこうコミカルかな?登場人物の『いちお』の性格がうっとうしくてすごく嫌いなタイプでした。ただ私はこういう嫌いなタイプのキャラクターが出る作品は好き(わかりにくいですねw)なんです。そのほうが登場人物の印象が残るし、どうしてこの人が嫌いなのか?というのを考えるのが好きなので。
    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    [ 2018/01/28 21:19 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する