The Hunger Games/ハンガー・ゲーム(2012年)

     観た映画の感想です。

    ※ネタバレ注意






    パネムという名の独裁国家と化した近未来アメリカではキャピトルが政治の中心であり、キャピトル市民は貴族的特権を得ている。反乱の抑止を目的にキャピトルを囲む12の各地区から12歳から18歳までの男女1名ずつが選出され、男女24人が殺し合う殺人サバイバル「ハンガー・ゲーム」が強制されていた。

    それぞれの地区は産業の特性が限定され、農業地区・商業地区・工業地区・鉱業地区などに分かれている。「刈り入れの日」と呼ばれる選出の日にプレイヤーに選ばれた12歳の妹プリムローズに代わって出場したカットニス(ジェニファー・ローレンス)は、狩猟で鍛えた弓矢の腕と持って生まれた鋭い勘を生かし、同じ地区から選ばれた少年ピータとともに戦いに挑む。カットニスは持ち前の精神力や能力で周囲を魅了し、指導係やスタイリストらを味方にして行く。カットニスの指導係となったかつてのゲーム勝者ヘイミッチはカットニスを優勝に導くべく、あれこれと助力する。

    ゲーム開始後、カットニスは第11地区の小柄な12歳の少女ルーと共闘するが、ルーは殺されてしまう。ルーの死を悼むカットニスの姿に第11地区の住民達は、キャピトルへの嫌悪を募らせ暴動を起こす。

    暴動をおさえるため、ラブストーリーが必要だと、同郷二人は、勝者とするとルールが変更された。

    身を隠していたピータと再会したカットニスは、ピータと行動を共にする。ゲームを見守っているキャピトルの住人がプレイヤーを気に入れば様々なアイテムを「スポンサー」として「差し入れ」するので、ヘイミッチはピータと恋人同士を演じるようカットニスに入れ知恵する。「悲恋の恋人」となった2人にスポンサーが付き、キャピトルの人気を得る。そして、勝ち抜いた。が突然、やっぱり「勝者は1人だけ」の宣言にカットニスはピータに心中を持ちかける。ゲームの破綻を心配したゲーム管理者セネカは2人とも勝者と認める事にし、カットニスとピータは生き残る事に成功する。

    ゲームの結果、第11地区で暴動が起こり、勝者を2人にせざるを得なかった責任を問われ、セネカは自害を強要される。勝者として故郷に凱旋した2人は恋人同士として振舞うはめになるが、カットニスの心にはかつての狩猟仲間であるゲイルへの思慕が消えない[5][6][7]。



    wikipediaより




     主人公のカットニス悪女だなー、っていう映画でした。人に好かれるような振る舞いはできないと言いつつ、観客の前でドレスでくるりと回ってみたり、自分のことを好きなピータを利用したり、運営の考えを読んで心中未遂を装ってみたり。でも最後に大統領の手にキスでもしておけばよかったのになー。そうすれば全部うまくいってそう。
     映画観てると、文字通り命がけで一緒に戦ったピータのことを好きになったらいいじゃないと思うんですけどね。たまに故郷のゲイルが映るんですけど、あんまり存在感ないですね。
     カットニス、罠がうまく作れるなら弓矢も自作できそうなのになーと思いました。蜂の巣を落すところ、枝をあのナイフで切るのは無茶では?とかも。ピータの特殊メイクうますぎ、とか。
     スポンサーからの差し入れもカットニスに2回だけで、思っていたほど絡んでこなかったですね。もっと銃とか、体内の発信機で位置がわかるコンパスみたいな強いアイテムが敵に支給される展開を期待していました。むしろ運営が火球を飛ばしたり、大型の動物を召喚(?)するなどして積極的に介入してくるのはちょっと面白くなかったかな。優勝常連の第1地区と第2地区に勝つためにスポンサーが差し入れして展開を楽しむゲームだと思っていたので。

     悪女の女の子、一途な男の子を観たい人にオススメです!
    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    [ 2018/01/25 18:38 ] 映画 | TB(-) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する