イン・ザ・プール 奥田英朗

     読んだ本の感想です。

    ※ネタバレ注意

     探偵小説なんかは探偵かその助手の一人称でいろいろな事件について書いたりしていますが、この本はその逆みたいなものです。精神科の医者という主要キャラクターがいて、その患者の一人称視点からいろいろな話が書かれています。私にはちょっと新鮮。

     「勃ちっ放し」という話が好きです。寝取られた男性の話ですけど、別にエロとかでなく、ですw
     言いたい本音を言えない辛さが伝わってきました。
    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    [ 2018/01/13 21:28 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する