熟れた本能(2009年) / アン・ハサウェイ/裸の天使(2005年)



    熟れた本能(2009年)

     冒頭ですでに決定的な描写が。もうどちらかしかないな、という。

     舞台はフランス。フランス人の夫と、イギリス出身の妻。息子と娘もいて、旦那は医者をしていて、社会的には成功者みたいです。妻は自宅の倉庫かなにかを改装して理学療法士として働こうとしていて、そのためにスペイン人の労働者がきます。

     このスペイン人の労働者を妻が怪我させてしまったことをきっかけにはじまる唐突な恋。それも中年の恋。というのがテーマのようですね。

     パッとみて、あんまりこの中年のスペイン人労働者に惚れるようなきっかけはなかったように思います。頭脳労働者の夫よりも、肉体労働者の外国人のほうがよかった?でも若いわけでもないし、なんならお腹は出てますけど。夫はちょっと口が悪いところはありますけど、それぐらい?きっと明確な理由なんてないんじゃないでしょうか。だって恋ってそういうもんじゃないですかね。

     不倫セックスして、自宅に帰って食事の準備中にふと感情を抑えられなくなる妻。寝室で夫に「私、恋してるの」という衝撃の言葉とともに不倫を告白。それでももう不倫はしないと言い、仲直りのセックス。ベッドの中で夫は、市長から市議選に出馬することを打診されたと言います。かなりの名士のようです。

     しかし翌朝、家族を見送った妻はスペイン人に電話し、つながらないと彼の上司にどこで働いているかを聞き出して押しかけます。迷惑そうにするスペイン人ですが、結局ラブラブでセックス。

     理学療法士として働くための研修を嘘をついてさぼって逢引したり、不倫をしないと言った直後にしたり、もうとにかく妻の行動はめちゃくちゃです。大人の恋愛とか不倫ではなく、まさに恋。後先考えない、立場の違いなんて考えないまさに恋。同じようなことを若者がやったら称えられるんだから、中年だって恋には変わりないだろうと言わんばかりの。

     でも普通はそこで、理性とか社会的責任とか、そういういろいろなブレーキがあるわけじゃないですか。そういうブレーキをかけないで突っ走ったら、大人が感情に任せた恋なんてしたら、自分だけじゃなくてみんなめちゃくちゃになっちゃうよ、っていう映画なんです。

     妻は夫も息子も娘も捨てて出て行きます。当然苦しい生活。慰謝料をよこせと夫のところにいったり、財布から金をとったり、離婚するために子供に手紙を書いてくれと頼んだりします。私がこの映画でわからなかったのは息子のところ。息子はなぜか出て行った母親にずっと好意的なんです。家にあったものをこっそりと母親に渡したり。娘はもう顔も見たくないといった反応なんですけどね。

     フランスの男はみんなマザコンだ、なんていう各国へのイメージのステレオタイプがあった気がしますので、それかもしれません。でもそれにしても理解できない。息子は不倫相手のスペイン人とも、その娘とも仲良くしてるんです。もしかしたら彼は父親とはうまくいっていないのかも。母親は自分に冷たい娘にたいして「父親みたいでゾッとした」と言っていました。でも母親が自宅で感情を抑えられなくなったきっかけは息子の無神経な一言なんです。夕食のときに「また鶏肉か。昼も食べたよ」と息子が言ったんです。私には子供たちも自分のために利用しているようにしかみえなくて、この母親にはゾッとさせられっぱなしでした。

     紆余曲折あって、夫とセックスするんですが、これはもう強姦なんです。完全に心が離れているわけですから、夫とはいえ強姦。だからあの結末にいたるんですが、きついですね。

     どっちが悪いかとかそういう映画じゃなくて、恋っていうものの、きれいごとばっかりじゃない面をみせられた気がします。

     そういえば大学生の男性と、中年の女性の逃避行(子供たちの学費を持ち逃げして)が話題になった気がしますが、あれはどうなったんでしょうね。




    アン・ハサウェイ/裸の天使

     これね、内容のまえにこの邦題なんなんですかね。原題は「Havoc」です。その訳でもなんでもないし、アン・ハサウェイって登場人物の名前でもなんでもないんですよ。これ主人公のアリソンを演じている女優の名前。そんなん邦題にしちゃうの?洋画って字幕がおかしいとか、吹き替えが下手・芸能人の起用、邦題やプロモーションのポスターのひどいデザインetc...と、内容以外の部分でマイナスになることが多くてときどき本当にいやになります。

     内容は、黒人・ギャング文化に憧れる普通~富裕層の白人少年少女の火遊びです。

     日本の感覚ではあんまりないですけど、やっぱりアメリカ(や多分それ以外の国の多く)は近寄らないほうがいいエリアっていうのがちゃんとあるんですよね。

     アナルセックスを無理やりやられるのって絶対に痛いんですけど、あの一転してレ○プの被害者っていう振る舞いになるのはよくわからないですね。処女奪われたみたいな感覚なんでしょうか。そんなガチヘコみするの?あそこまでやっておいて?っていう感じはしました。

     オチだけ、丸くおさまるのかと思いきや……、という部分があります。
    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    [ 2018/04/30 21:20 ] 映画 | TB(-) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する